Worst Pills Best Pills Aricept How To Get Off Cymbalta With Prozac Buy Minoxidil Propecia Buy Allegra 30 Mg Buying Us Online Cialis

You are here: Home // 企画委員会

北見冷機工業を見学~企業見学昼食会を開催

北見冷機工業を見学~企業見学昼食会を開催
 オホーツク支部は19日に企業見学昼食会を開催し、北見冷機工業を見学しました。 北見冷機工業は、個人店舗から大規模貯蔵庫まで、省エネ・経済的・安全な空調設備の企画と施工を手掛けています。また、近年ではジャガイモシストセンチュウ(害虫)の被害を防ぐ熱湯殺菌設備で特許を取得し、農業の分野でも注目を集めています。  井戸社長は「効率的な冷暖房機器の提案を通して、地域に貢献したいという思いで事業の拡大に取り組んできた。人が真似できないことを考え、実行し続けることが大切だ」とこれまでの経営を振り返りました。 また、特許を取得した熱湯殺菌設備について「従来の害虫駆除の仕組みでは、残留農薬による2次被害が課題となっていた。現在では8農協と取引をさせていただいており、地域の産業の手助けができるよう、今後も新たな発想を続けていきたい」と語りました。  社屋で同社の取り組みを伺ったあとは、井戸社長のご自宅に訪... もっと読む →

みんなどうしてるの?社員教育~オホーツク支部12月例会

みんなどうしてるの?社員教育~オホーツク支部12月例会
 オホーツク支部は6日に12月例会を開き、北一食品の矢吹取締役相談役とシステムサプライの岡村部長が自社での社員教育について報告しました。  回転寿司トリトン、べんとう家ごはんごはん、かつ徳などを多店舗展開する北一食品の矢吹氏は「経営理念を毎朝朝礼で唱和するなど、新入社員に対しても説明を欠かさない。また、社員には上から一方的に与えられる仕事をこなすだけではなく、自分で考える力を養ってもらうように働きかけている。社員に対しては、時間とお金をかけて育てていく必要があり、会社の成長は社員の成長なくしてありえない」とし、社員教育で重視している点について語りました。また矢吹氏は、「社員にはどんなことでもいいので自分自身の目標をもってもらいたい。それを新年に書き、発表し、途中経過を報告するなど、目標実現にどれくらい力を注いでいるかをチェックしている。また、ありがとうノートを取り入れ、社員間でのコミュニケ... もっと読む →

スキルアップセミナーを開催

スキルアップセミナーを開催
 オホーツク支部は5日、概ね入社後5年未満の社員を対象にしたスキルアップセミナーを開き、今後各社で幹部として一層の活躍を期待される40名が学びました。  演台に立ったキャリアバンク北見オフィスの飯澤氏は、現在の経済情勢に触れ、「企業を取り巻く環境は刻一刻と変化している。企業人として指示を待つのではなく、主体性を持って動く行動力、自己課題や組織課題を発見した上での目標設定力、職場での意思疎通を促進し、効率的業務を行う会話力がより一層求められるようになっている」とし、企業が求める人材について語りました。  さらに飯澤氏は「企業などの組織では、社員一人ひとりの業績がチームや各部単位での業績と絡み合って全体の業績を築き上げる。顧客、取引先、市場などの組織外との信頼関係を形成して、より強固なものにするためにも、組織内の連携を保って効率的に業務が進むように、個々人が自分の仕事に対する責任をもつ強い意志... もっと読む →

DOYU交流会を開催!~11月支部例会

DOYU交流会を開催!~11月支部例会
オホーツク支部は、16日に支部例会を開催し、サンマルコ食品代表取締役の藤井幸一氏(同友会 札幌支部 支部長)が「同友会と企業経営」と題して講演しました。また、今例会は「DOYU交流会」として会員以外の方々にも広く参加を呼びかけ、ゲスト15名が参加するなど、大いに盛り上がりました。 サンマルコ食品は、北海道産食材を使用したコロッケやグラタン、春巻きなどの冷凍食品を製造しています。こだわりの商品は全国の消費者に届けられており、なかでも、豊富なバリエーションを揃えたコロッケは、売上の8割を占める看板商品です。 藤井氏は、売上構成の93%を道外市場が占めていることに触れ「流通コストの高さが課題であったが、『北海道で作ったコロッケを全国に広めたい』という強い思いで販路を拡大した。『サンマルコ食品といえばコロッケ』というブランドイメージも確立しつつあるが、さらに新しい商品を提供し続けたい」とものづくり... もっと読む →

川東の里を見学~企業見学昼食会

川東の里を見学~企業見学昼食会
 19日に企業見学昼食会を開き、社会福祉法人川東の里を見学しました。同法人は障がい者の就労支援、就労継続支援施設を運営。昭和30年に設立された社会福祉法人めぐみ会より分離して6年、現在は市内各所に事業所を展開しています。  川東の里本部に隣接するフレンズハム工場と、緋牛内事業所にあるレストランじねんを見学しました。    

中小企業振興基本条例制定後は?~別海町の事例に学ぶ~

中小企業振興基本条例制定後は?~別海町の事例に学ぶ~
 オホーツク支部は23日に10月例会を開き、中小企業振興基本条例をテーマに学びました。北見市中小企業振興基本条例は案骨子が公表され、31日までパブリックコメントを公募しています。同友会オホーツク支部では、2010年に北見市に対して「北見市中小企業振興基本条例制定に係る要望書」を提出するなど、積極的に運動を展開してきました。  2009年に条例が制定された別海町の取り組みは、全国的にも注目されています。条例制定運動を牽引してきた、同友会南しれとこ支部別海地区会の山口幹事長(富田屋代表取締役)は、「別海町は言わずと知れた酪農中心の町。条例運動を進めるきっかけとなったのは、一次産業従事者と同様に、町内の中小企業者も地域の経済活動においては中心的な役割を果たす存在だと理解してもらいたいという強い想いがあったからだ」と語り、条例制定までのプロセスについて触れました。  また山口氏は、条例制定後の取り... もっと読む →

光化成を見学~企業見学昼食会

光化成を見学~企業見学昼食会
 19日、企業見学昼食会で光化成を見学しました。同社は農業用フィルム2次加工販売、ポリエチレン印刷製袋販売等を手掛ける企業で、今年創業50周年を迎えています。  現在の千葉社長が2代目。先代が昭和27年に千葉農薬店として創業した歴史について触れ、「時代とともに主力商品の移り変わりが激しい業界といえる。地域の主産業である農業者の皆さんに支えられてこれまでやってこられたのだと思う」と述べました。  また光化成では古くから、歴史ある菊まつりのハウス設営を手掛けており、「光化成の50年はまさに地域とともにあった。歴史あるイベントに携われることを誇りに思っている」と語りました。 ★光化成のホームページはこちらをご覧ください http://www.hikari-kasei.co.jp/  

感動を与えるお客様第一主義~オホーツク支部7月例会

感動を与えるお客様第一主義~オホーツク支部7月例会
 オホーツク支部は26日に7月例会を開き、「全道に63店舗。感動を与えるお客様第一主義」と題して、タカハシの髙橋康弘氏が講演しました。同社は昭和36年3月創業。カラオケボックスやアミューズメントなど全道63店舗を展開しています。網走地ビール事業や道の駅事業、サービス付き高齢者向け住宅事業も展開するなど、幅広い分野で活躍しています。  髙橋氏は「世の中には様々なサービスが存在するが、こちら側の一方的なものではなく、お客様にしっかりと受け止めてもらわなければ意味がない。そしてそれを継続することが重要だと考えている。お客様に、カラオケボックスがそこまではやらないだろう、と思っていただき、感動していただけるような店作りを追求したい」とし、何か一つでも”こだわり”を持つことが重要だと示唆しました。加えて髙橋氏は「夢を叶えるためには弱音を吐かないことだ。『吐く』からマイナスイメージ(弱音)を取り除けば... もっと読む →

日本赤十字北海道看護大学を見学

日本赤十字北海道看護大学を見学
 オホーツク支部では、普段顔を合わせている会員の皆さんが、どのような環境でどんな業務を行なっているのかを相互に理解することを目的として、月に1回会員企業を訪問しています。  今月は、未来の地域医療を支える人材を育成する、日本赤十字北海道看護大学を見学しました。同学は1999年開学。全道各地から学生が集まり、卒業生は全道各地で活躍しています。  

自然エネルギーの現状と可能性~オホーツク支部6月例会

自然エネルギーの現状と可能性~オホーツク支部6月例会
 オホーツク支部は27日に6月例会を開き、「自然エネルギーの現状と可能性」と題して北見工業大学の小原伸哉教授が講演しました。同氏はエネルギーシステム開発や熱工学研究が専門で、低温排熱回収によるガスハイドレート小温度差発電システムの研究開発も手掛けています。今回の例会はエネルギー問題を年間テーマに掲げている農業水産部会が設営を担当しました。  小原氏は「これまでは日本では原子力発電や火力発電の研究やシステム開発に力を注いできており、欧米諸国と比較しても、自然エネルギーの有用性や可能性についてはそれほど議論の的にはならなかった」と述べました。  ただ小原氏は、近年は次世代エネルギーの供給方法が模索されているとし、「北見地域においては畜産系、木質系、農業系など、石油に換算すると1年間に5600トンものバイオマスエネルギーの潜在量あるとされている。このように地域において未だ使われていないエネルギー... もっと読む →

現状を打開する異質化戦略を学ぶ 支部5月例会

現状を打開する異質化戦略を学ぶ 支部5月例会
 オホーツク支部は25日に例会を開き、「激変する現状を打開する異質化戦略~経営指針で全社一丸体制をつくる~」と題して、ソーゴー印刷社長でとかち支部副支部長氏の高原淳氏が講演しました。  ソーゴー印刷は、帯広市に本社を構え、フリーペーパー月刊「しゅん(旬)」や、北海道の魅力発信「スロウ」、地元の食にスポットを当てた「ケランケラン」など、地域に密着した情報誌の発行で知られています。  高原氏は冒頭「自社は印刷業だが、印刷や出版だけが仕事ではない。地域の魅力を掘り起こし、世の中に発信することも役割のひとつだ」と述べ、商品やサービスに新たな価値を生み出す考え方を説明。さらに「時代の変化と自社のビジョンを擦り合わせ、飽くなき追求によってこれまでにない価値を創造することが異質化だ」と語りました。  また、経営指針作成について触れ「理念やビジョンを社員と共有し、納得がいくまで根気強く作り続ける必要がある... もっと読む →
Tags:

オホーツクの資源を考える~3月例会

オホーツクの資源を考える~3月例会
オホーツク支部は23日に例会を開き、農業に資する未利用資源の活用について学びました。  はじめに、オホーツク管内の農畜産系バイオマスと水産系バイオマスの実態について報告したオホーツク総合振興局の奥山氏は「畜産系バイオマスの利用は、西紋地域は耕種農家が少なく、畜産農家の自己利用率が高い。特に興部町・雄武町・西興部村ではほぼ100%に近い。東紋地域においても同様だ。ただ、北見地域では耕種農家が多く、耕畜連携が行われているために自己利用率は高くない」と述べ、斜網地区においては大規模畑作農家が多く、堆肥の需要が大きいことについても触れました。  また、水産系バイオマスについては「ホタテの貝殻はボイル処理後に粉砕加工し、土壌改良剤などとして公共工事やホタテ漁場の低質改良のほか、カキの稚貝を付着させ、海中で養殖するための原盤としても利用され、宮城県などに送られている。また、近年では硬さなど品質面で優れ... もっと読む →
Tags: ,

東武端野店を見学

東武端野店を見学
 9日に企業見学昼食会を開き、東武端野店を見学しました。同社は1969(昭和44)年設立。端野店は1995(平成7)年9月「スーパーTマート東武」としてオープン。現在従業員105名、売場面積約3,000坪の大型スーパーセンターです。  2010(平成22)年10月に名称を「東武イーストモール」に変更。昨年5月には店内を改装し、手書きのポップも使った売場作りや美味安心(安全、安心、ヘルシー)の食品選定を心掛けています。現在は、輸入品の取扱いも行っています。 東武ホームページはこちらをご覧ください http://www.kk-to-bu.co.jp/na/info.htm  

林鉄工を見学 企業見学昼食会

林鉄工を見学 企業見学昼食会
 14日に企業見学昼食会を開き、林鉄工を見学しました。  同社は1927(昭和2)年創業。現在の林社長が3代目。初代が勤務していた佐藤鉄工場を買い取り、林鉄工場を設立したことが始まりで、当時は主に津別町の丸玉木材工場(現丸玉産業)の木材加工機械部品製作と修繕を行なっていました。現在は主に鋼構造物工事・設計制作施工、産業廃棄物処理プラント、食品処理プラントの設計製作取付を手掛けています。 林鉄工ホームページはこちらをご覧ください http://hayashi-tetukou.jp/  

北見市のクリーンリースを見学|企業見学昼食会

北見市のクリーンリースを見学|企業見学昼食会
オホーツク支部は12日に企業見学昼食会を開き、金崎社長のご案内のもとで北海道中小企業家同友会の会員企業、クリーンリース様を見学しました。同社は昭和44年設立、北見、上川、斜里、阿寒、摩周などでリネンサプライ業を幅広く展開しています。 リネンサプライとは顧客との契約によりリネン類を貸し出し、回収し洗濯や補修を繰り返すレンタル業であり、繊維製品の賃貸業とクリーニング業を重ね合わせた業態です。金崎社長より、全体的な業務の流れと生産、配送各部門の仕事の流れについて説明があったのち、工場内を見学しました。 クリーンリースさんが会員の、同友会とは?詳細はこちら⇒ [企業情報] 会社名:クリーンリース(株) 住所:北海道北見市豊地69-18 代表取締役社長 金崎 宏光 様 仕事内容(事業内容):ホテルリネンサプライ業  

金融機関は企業の”ココ”を見る~支部11月例会

金融機関は企業の”ココ”を見る~支部11月例会
 オホーツク支部は17日に例会を開き、「金融機関は企業の”ココ”を見る」と題して、北見信用金庫業務部金融総合支援課の岡村勝英氏が講演しました。  岡村氏は金融機関の視点について、「根底には各企業の事業が継続していく可能性はどうなのか。損益計算書や貸借対照表はやろうと思えばいくらでも作り変えることが可能だ。金融機関は見た目の利益を重視するのではなく、事業を行なった結果、お金が回ったのか回っていないのかを重視している」とし、キャッシュフロー経営を実践しているかが一つのポイントであることを示唆しました。  さらに「大企業とちがい、中小企業の経営者は会社の最大株主でもある。企業経営に対して確かな理念やビジョンがあり、様々な助言に耳を傾けることができるかどうか。中小企業は社長の考え方が事業の方向性を如実にあらわす」と述べ、金融機関から見た望ましい経営者像について触れました。  最後に岡村氏は、「北見... もっと読む →

三栄紙料を見学~昼食会

三栄紙料を見学~昼食会
 8日に企業見学昼食会を開き、三栄紙料を見学しました。同社は北見市に本社を置き、鉄スクラップ等再生資源の卸売業を展開しています。また、金属くず処分も手掛け、産業廃棄物の収集、運搬から処分までの産業廃棄物処理業の一貫体制を確立しています。  

企業見学昼食会を開催

企業見学昼食会を開催
 19日に企業見学昼食会を開催し、エムリンクの本見さんが理事長を務めるNPO法人を見学しました。同法人は事業の一つとして軽食コミュニティ事業も行なっており、カフェ「Libraぴあ~の」をオープン。引きこもりや不登校、虐待被(加)害者などの問題を抱える子供から高齢者などに対して、カウンセリングや心理テストなどを活用した心理支援や音楽による音楽療法などで社会参加や社会復帰を支援も行なっています。  本見さんは「この業界には行政を含め、多種多様な法人が存在している。我々は良いサービスに徹底し、現在の日本が抱える様々な社会問題が少しでも解決に結びつくように取組みたい」と意欲を述べました。 ★エムリンクのホームページはこちらです http://e-mlink.co.jp/ ★NPO法人ワークフェアのホームページはこちらです http://www.librapiano.com/index.html ... もっと読む →

マナーをおさらい~10月例会

マナーをおさらい~10月例会
 オホーツク支部は13日に例会を開き、いまさら聞けないマナーについて経営者・幹部社員が学びました。  キャリアバンクの飯澤氏は「マナーとは相手に対して不快な思いをさせないようにするためにどうするかを考えることが基本にある。個人のマナーが会社全体を印象づけることも少なくない。基本を学び、活かして欲しい」と述べました。  その後参加者は実際に名刺交換や席次について動きの中で学びを深めました。  

会員企業の取組みを学ぶ~オホーツク支部9月例会

会員企業の取組みを学ぶ~オホーツク支部9月例会
 オホーツク支部は17日、旭川市に移動して9月例会を開き、北海道健誠社と臼井鋳鉄工業を見学しました。  1992年創業の北海道健誠社は道内で幅広くリネンサプライ・クリーニング業を展開しています。同社は木のチップなどを燃焼させて生成した蒸気をクリーニングの熱源に活用し、環境にもやさしい企業づくりを進めています。また、障がい者雇用の積極推進と社会福祉サービスの展開など様々な分野で活躍する企業です。  瀧野専務は「企業の役割は個人の成長を促進させることにあるのではないか。そのためには社員個人の役割を明確にして、個人の貢献をチームの成果に結びつけるためにどうするのかを考えなければならない」と語りました。加えてリーダーの役割について触れた瀧野氏は、「できない社員がいるのではなく、教え方が下手なリーダーいるのだ。リーダーは社員ができないことを教えるのではなく、彼らができることを探し出し、個人が持つ強み... もっと読む →

生鮮食料品の安定供給を~マルキタ見学朝食会

生鮮食料品の安定供給を~マルキタ見学朝食会
 オホーツク支部では会員企業を知ることを目的に、企業見学を定期開催しています。このたび北見卸売市場の運営をする、マルキタを見学しました。  加藤氏は「卸売市場は各地からの生鮮食料品等を集荷し、集積された需給情報をもとに適性な評価による価格形成機能を有する。また、その場での販売代金決済、卸売予定数量や販売結果の公表し産地から小売業者まで情報伝達することも重要な役割だ」と述べ、食料品等の安定的に供給する基幹システムとして機能しているとしました。  参加者は水産物のセリや冷凍倉庫等を視察し、学びを深めました。 マルキタ 加藤氏   水産物のセリ   冷凍倉庫内  

三好メディカルを見学~昼食会

三好メディカルを見学~昼食会
 オホーツク支部は会員企業を訪問して昼食会を開催しています。18日には三好メディカルを訪問しました。同社は1946年創業。医療機会器具、住宅介護用品、介護個人年金保険の販売をしています。  介護保険は2000年にスタートし、現在では500万人の人が要支援・要介護の認定を受けています。その介護保険の有効な活用法や手順について説明してしていただきました。  また、AED(自動体外式除細動器)の使用法について松田社長実演のもとで学びました。心停止後の除細動が1分遅れるごとに約7%~10%ずつ救命率が低下するといわれています。アナウンスに従って落ち着いて使うことが重要です。  
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.